熱意あふれる個人作家の逸品作品展

ファッション・アクセサリーから陶器・ガラス工芸、木工作品など一般市場では買えないオリジナル商品を展示販売しています。

個人プロ作家の手仕事作品展

開催案内

神津神社(阪急十三駅)

阪急電車 十三駅東側にある神津神社が会場です。

【歴史】

神津神社は明治42年(1909年)に、旧神津村の小島(こしま)、木川、野中、新在家(しんざいけ)、 堀上(ほりがみ)、今里、堀の七ヶ村の氏神を小島村(現在の十三東)の村社八幡神社を中央適当地として合わせてお祭りしたものです。
小島村の八幡神社は、今より四百数十年前の天正年間(1573~1592 年)に祀(まつ)られていたことや、江戸時代に四度の再建がなされたことが、昭和4年の改築に際して現れた棟札(むなふだ一木の札 に神名などを記し、建物の安全を願い屋根裏などにお祀りしたもの)より分かっています。
しかし、詳しいことは不明で、恐らく水害や戦災(昭和 20年3月の空襲により境内建物のほとんどは 消失)などにより古い記録等が失われたものと思われます。 

【名称の由来】

神津の名称は神崎川の「神」と中津川(現在の新淀川)の「津」よりとったもので、北に神崎川、南に中 津川川の両河川に挟まれた地域に、明治の中頃に神津村(現在の大阪市淀川区にあたる)ができました。 

【ご祭神】

ご祭神(お祭りしている神)は
・応神天皇(おうじんてんのう)・神功皇后(じんぐうこうごう)・底筒男命(そこつつのおのみこと) ・中筒男命(なかつつのおのみこと)・表筒男命(うわつつのおのみこと)・宇賀御魂神(うかのみたまの かみ)・菅原道真公(すがわらのみちざねこう)・少彦名神(すくなひこなのかみ)・猿田彦神(さるたひ このかみ)です。
現在では合わせて神津神社大神と申し上げ、土地の守護神(まもりがみ)、厄除けの神(災いを除く神)、 武神(ぶのかみ一武勇の神)、殖産興業の神(しょくさんこうぎょうのかみー産業をさかんにする神)、 学問の神として崇敬されています。 

開催情報 

■開催日3・6・9・12月第3土曜日 雨天決行(荒天中止)
■開催時間10:00-16:00
■会場神津神社境内
■入場料無料

Google Mapで見る 

■電車でお越しの場合

阪急電鉄十三駅 東口より東へ徒歩3分。